Q&A

個別の栄養素に関して

どこで製造されていますか?

日本国内のGMP(製造工程管理基準)認定工場で製造しています。
(2018年3月2日)

タブレットのビタミンDとどう違うのですか?

そもそも、ビタミンDは脂溶性(油に溶ける)ビタミンです。そのため、当製品では魚油に溶かしてソフトカプセルにしています。そのほうが自然な形態であり、吸収に優れていると考えています。一方、タブレットタイプは、ビタミンDを乳化剤を使って粉末にし、賦形剤や凝固剤を使ってタブレットに固めています。大量に製造した場合、コストを抑えることができるというメリットがありますが、乳化剤や賦形剤、凝固剤などの添加物を使わなければならないこと、胃酸により吸収率が低下することがあるというデメリットがあります。
(2018年3月2日、2019年12月10日更新)

ヨウ素(ヨード)は含まれていますか?

いずれの製品にもヨウ素は配合しておりません。ただし、MVMにはカルシウムやマグネシウムの原料(サンゴカルシウム)に含まれています。成分分析を行ったところ1日推奨量(8カプセル)あたり5.488μgで、全く問題ないレベルであることを検証しています。
詳しくは安全性について(ヨウ素の含有について)をご覧ください。
(2018年3月2日)

オメガ3脂肪酸は魚油が原料ですが水銀汚染が心配です

EPAやDHAの原料にはペルーにて水揚げされたイワシを日本で精製した魚油を使用していますが、水銀をはじめとする重金属は残留していません。
(2018年3月2日)

ビタミンDは活性型ビタミンDでしょうか?

当社製品のビタミンDは活性型ビタミンではなく、ビタミンD3(コレカルシフェロール)です。
ビタミンD3と活性型ビタミンDとの関係は以下の通りです。
ビタミンD3は魚介類や卵などの動物性食品に含まれ、また、紫外線を浴びることで体内でコレステロールからつくられています。そして、ビタミンD3は肝臓で25(OH)D3に代謝され、その後、腎臓で1,25(OH)2D3に代謝され、活性型になります。つまり、体内でつくられたり、食品やサプリメントで摂取されたりしたビタミンD3は、体内で活性型ビタミンDに変換され、その作用を発揮するようになります。
通常、サプリメントにはビタミンD3が使用されており、日本国内で活性型ビタミンDを使ったサプリメントは存在しません。
(2017年4月19日)

授乳中もMVMを摂るのがよいのでしょうか?

MVM(マルチビタミンミネラルフォーウィメン)の特長は妊娠、出産に際して最適な設計がなされていることです。成分内容の特長の一つとして、鉄分が配合されていることです。ところが、母乳には人工乳ほどに鉄分が含まれていません。ですから、「よいお乳のために」という目的であれば、MVMではなく、普通のマルチビタミンミネラルで十分かと思います。

ただし、産後も鉄分が不足するケースは少なくありません。もしも、ご自身のための鉄分補給という目的もおありなのであれば、MVMがベターであることは言うまでもありません。
(2014年3月18日)

ホルモンに影響するサプリメントはありますか。

当社製品には、ホルモン環境に影響を及ぼす可能性のある、イソフラボンなどのエストロゲン様物質などは、一切、配合しておりません。
(2014年1月27日)

ヘム鉄の原材料には何が使われているのですか。

ヘム鉄の原料は豚の赤血球を使っています。
(2014年1月22日)

ビタミンCだけ合成原料を使っているのはなぜですか?

私たちは、やむをえない場合を除き、原料は天然の食物由来原料を使用しています。

マルチビタミンミネラルフォーウィメンでは、葉酸とビタミンCを配合しています。葉酸は、非常に不安定な栄養素で、酸やアルカリ、酸素、光、熱などによって、簡単に安定性を失い、壊れてしまいます。マルチビタミンミネラルフォーウィメンの設計者の分析では、酸(ビタミンC)と一緒に配合することで、葉酸が損失してしまうことが分かっています。

そのため、そのまま一緒に配合してしまうと、製造後、時間がたてばたつほど、葉酸の量が減少してしまうわけです。

そこで、そのような損失を避けるためにビタミンCをコーティングした原料を使用することにしました。ただし、コーティングされたビタミンCは合成原料しか存在しないため、大切な葉酸を保護するために、やむなく合成原料を使用したというわけです。
(2013年5月30日)

甲状腺のお薬「チラージン」を服用していますが、鉄剤はチラージンの吸収を阻害すると聞きました。

チラージンと鉄剤を併用される場合は、同時にお摂りになることは避けて、服用される間隔をできるあけてお摂りいただくのが望ましいとされています。

ただ、マルチビタミンミネラルフォーウィメンやヘム鉄で使用している鉄の原料は「ヘム鉄」で、「鉄剤」とは構造が異なるため影響がないとも考えられます。ただ、念のためということで、出来るだけ間隔あけてお摂りいただくのが無難かと思います。
(2013年5月30日)

1 2 3 4 5 6 7 8
ページトップへ