Q & A

Q & A飲み方

ラクトフェリンを飲み始めたのですが、排便の際そのまま出てくることがあります。

当製品は「腸で溶けること」と「ハードカプセル」であることを特徴としております。それは、ラクトフェリンの受容体が小腸に存在することと、糖タンパク質であるラクトフェリンに変質リスクの伴う高温高圧下の製造工程を避けるためです。そのため、ハードカプセルに腸まで届くように特殊なコーティングを施しておりますので、カプセルがそのまま便に出ることは一定割合で起こっております。

これまでの健常者を対象にした調査においては、便にそのまま出る割合は0.04%でしたが、下痢気味の場合や体質によってはこの割合が大きく上昇することが推測されます。

そのようなケースでは以下のようなお願いをしております。

・カプセル摂取の際の水は、少なめよりは少し多めに飲む方が胃腸の活動が活発になるので良いと考えています。
 (下痢気味の場合はぬるま湯で少量が良いかもしれません)
・摂取するタイミングを変えると便に出にくくなる場合があります。
・食間に飲む方が便には出てきにくい印象がありますが、逆に食後に飲む方が良いという方がいらっしゃいますので、個人によるようです。
・飲むタイミングは、食間か食後のどちらかにそろえてしばらく飲んでみてください。
・毎日、朝に排便される場合は、例えば摂取タイミングは午前中をお勧めしています。

尚、カプセルがそのまま便中に見えるような場合でも、内容物のラクトフェリンは放出されていて、カプセルの破片がそのように見える場合もあります。(2019年11月14日)

ラクトフェリンは妊娠中も服用して大丈夫でしょうか?

ラクトフェリンは極めて安全な糖たんぱく質です。そのため、「妊娠中・授乳中の摂取は、通常の食品に含まれている量であればおそらく安全である(国立健康・栄養研究所)」とされています。ただし、過剰な摂取は避けるべきであることは言うまでもありません。(2018年9月13日)

MVMで蕁麻疹が出たため、他に代わるサプリメントはありますか?

アレルギー物質が特定できていない中で、明確なご助言は難しいところです。そのため、まずは、原因物質を特定する必要があるかと思います。可能性としましては「酵母」がありますが、原材料欄をご確認いただきお医者様ともご相談の上でご検討いただければと思います。もしも、酵母であれば、他社製ではありますが、信頼のおける「酵母フリー」のマルチビタミンをご紹介させていただくことは可能です。 (2018年8月6日)

複数のカプセル数を飲む場合、飲む回数を分けた方がよいのでしょうか?

トータルのカプセル数にもよると思いますが、成分が水溶性の場合は分けたほうが、脂溶性の場合は一度に飲まれたほうがいいと思います。(2018年4月10日)

男性用サプリメントはどのくらい続ければよいのでしょうか。

サプリメントは食品ですから継続期間についての決まりはありません。ただし、精子がつくられるのに約3ヶ月かかるとされていますので目安になるかもしれません。(2018年4月5日)

授乳中にサプリメントを飲んでも大丈夫ですか?

授乳中のビタミンやミネラルのサプリメントについては、概ね安全とされてはいます。ただし、赤ちゃんへの安全性が確立されていないものもありますし、サプリメントで補充した栄養素が母乳中に移行しないものもあれば、するものもあるとされています。そのため、まずは、サプリメント使用の前に食生活を見直し、どうしても補充が必要と考えられる場合は医師と相談した上でご利用になられることをお勧めします。ビタミンやミネラル以外のビタミン様物質やハーブ類などは避けるのが無難かと思います。(2018年4月4日)

カプセルからはずして粉末を出して飲んでもいいのですか?

問題ございません。カプセルが苦手という場合は、カプセルを外して、内容物のみをオブラートなどに包んでお飲みいただいて問題ありません。ただし、内容物によっては特有の匂いや風味がある場合がありますのでご了解いただければと思います。
(2018年3月29日)

飲み忘れたらまとめて飲んでもいいのですか?

まとめて飲んでも問題ありません。ただし、1日分の目安の摂取量を越えないようにお気をつけください。
(2018年3月29日)

お薬と併用しても大丈夫ですか?

不妊治療で処方される可能性のあるほとんどのお薬は併用していただいて問題ありません。ただし、ワーファリン、アスピリンとビタミンE(血流流動性)、ワーファリンとビタミンK(効果の打消し)などのケースにはお医者様にご相談されるようにお勧めしています。
(2018年3月29日)

漢方薬を飲んでいますが併用しても大丈夫ですか?

基本的には問題ないと考えますが、念のため漢方薬を処方されたドクターか薬剤師にご相談されるのが安心です。
(2018年3月29日)

ページトップ