昨年の冬、寒さのあまり電気ストーブをつけっぱなしで部屋にいたところ、低温やけどで顔が一面ブクブクに爛れてしまいました。低温やけどはじわじわと進行し、酷いと皮膚移植になるなどという情報を目にして慌てて皮膚科へ駆け込んで、軽度だから大丈夫と言われて塗り薬をもらったものの気が気ではありませんでした。

ソワソワしながら仕事をしていると弊社の細川より「オメガ3飲んだらいいんじゃない?」と言われ、オメガ3脂肪酸のボトルを手渡されました。

本来は妊娠中の方へ赤ちゃんの健康・発育のために飲む目的で販売しているサプリメントなのですが、なんでも抗炎症作用があるとのこと。

塗り薬を塗りながらもオメガ3を飲み続けていたら4日ほどで肌が元通りに治りました。塗り薬はやめても、オメガ3は1ヶ月分あるのでせっかくだし飲み続けようと思い飲み続けていると、なんだか肌の調子がやけど前より良い…!乾燥気味でカサカサだったのがスルンスルンです。化粧のりも良いような気がします。

オメガ3脂肪酸には子宮内膜症の抑制効果が認められている他、胎内の赤ちゃんの神経発達を助ける働きがあります。また、血液をサラサラにして血行を促進、抗炎症作用もあることからお肌の美容にも良いのかもしれません!

朗報です!

私は今はオメガ3脂肪酸を多く含む亜麻仁油を毎日ヨーグルトに入れたり、サラダのドレッシングとして使っているためサプリは飲んでいませんが、美容にも貢献するオメガ3、嬉しい副作用?でした。
古樫

オメガ3