MVM(マルチビタミンミネラルフォーウィメン)をバージョンアップしましたのでお知らせします。

■バージョンアップ内容
ビタミンDの9カプセル当たりの配合量を15μg(600IU)から20μg(800IU)に増量しました。尚、ビタミンD増量に伴う販売価格の変更はございません。

■バージョンアップした理由
(1)血中ビタミンDレベルと生殖機能の関連の研究報告の増加
ステロイドホルモンとして細胞増殖と分化にも調節作用をもち、体外受精の治療成績やPCOSによる排卵障害の改善との関連など、生殖医療領域における研究報告が、近年、多数なされるようになりました。

(2)日本人女性の半数はビタミンD不足との報告
血中ビタミンD濃度が20ng/ml 未満の「ビタミンD欠乏」状態の人は日本人女性の55%に達するとの調査報告もあります。

(3)厚労省の耐用上限量が50μgから100μgに大幅に増加
厚生労働省の日本人の食事摂取基準2015年度版ではビタミンDの耐用上限量が2010年度版の50μgから100μgに大幅に増加しました。

◎価格は変更ありません
ビタミンDの増量に伴う販売価格の変更はありません。

MVMバージョンアップのお知らせ