昨年12月に「妊娠しやすい食生活」という本を翻訳出版しました。原書のタイトルは「The Fertility Diet」と言います。既にこのサイトのトップページに書籍紹介&販売サイトへのバナーを貼っています。

妊娠しやすい食生活カバー帯F2本の内容はサイトにて紹介させていただいていますが、ハーバード公衆衛生大学院による約12万人の女性看護師を対象とした疫学調査「看護師健康調査Ⅱ(Nureses’ Health Study Ⅱ)」から得られたデータをもとして、食生活や生活習慣と妊娠しやすさの関係をまとめたものです。原著者は、ハーバード公衆衛生大学院、ハーバードメディカルスクール准教授のジョージ・チャバロ先生らです。

私たちは、健康なお子さんの妊娠、出産を望むカップルにとって、サプリメントさえ摂っていればいいという風には考えていません。まずは、食生活をはじめとする生活習慣を見直すことを優先し、バランスのよい食生活を心掛け、その上で、妊娠や出産に重要な役割を担っているにもかかわらず、現代の食環境では不足するリスクの高い栄養素をサプリメントで補充するのが正しい使い方です。もしも、間違った食生活を改めることなしに、サプリメントをせっせと摂っても、本来の効果を得ることは困難です。

そのため、お子さんを望まれるカップルのためのサプリメントを提供している私たちにとって、まずは、このことを広く知ってもらいたいと考えるのは当然のことでしょう。

ただし、食生活を改めると言っても、それではどんな食生活がお子さんを望むカップルにふさわしいのか、諸説あることも事実です。食に関しては、いろいろな考え方があるからです。そのため、出来るだけ科学的な根拠に基づいたものを参考にすべきと思います。

私たちは「妊娠しやすいカラダづくり」というサイトを10年以上前から運営していますが、これまでお子さんを望むカップルにふさわしい食生活について、信頼できる研究報告はそれほど多くないと痛感しています。そんな中でも、アメリカのハーバード大学の研究チームの研究動向を常に気にし、チェックしてきました。そして、そのチームリーダーである、ジョージ・チャバロ先生が、一般向けの本を書かれたわけですから、これはもう是非とも日本で紹介せねばならないと思ったわけです。これがこの本を翻訳しようと思った動機です。

よければお読みいただければ嬉しいです。サイトから購入いただくと特典として「妊娠しやすい食生活・実践マニュアル」をプレゼントしています。

ただし、この本に書かれていることは、あくまで、信頼できる研究結果がまとめられているだけです。言ってみれば“妊娠しやすい食生活の原則”です。ですから、この原則を理解していただいて、そして、皆さんの生活や環境、嗜好にふさわしい食生活をご自身でみつけていただければと思います。