オメガ3脂肪酸を多く摂る女性は、体外受精で形態のよい胚が多くなることが、オランダで実施された試験で確かめられたとのこと。

治療前のオメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸の摂取量と、体外受精での治療成績との関連を調べたはじめての報告です。

試験は体外受精を受ける235名の女性を対象に行われています。

治療(卵巣刺激)スタート前の4週間の栄養素の摂取について調査し、オメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸などの必須脂肪酸の摂取量と卵巣刺激後のE2基礎値や採卵数、胚の形態(グレード)との関係を調べています。

その結果、αリノレン酸の摂取が多いほどE2基礎値が高く、EPAやDHAの摂取が多いほどE2基礎値、採卵数が低くなり、αリノレン酸やDHAのオメガ3脂肪酸の摂取が多いほど胚のグレードが高いことが分かりました。

中でも明らかな関連が見られたのは、オメガ3脂肪酸の摂取と胚のグレードの関係であることから、研究チームは、オメガ3脂肪酸の摂取量が少ない女性は、週に2回は魚を食べるように勧めています。

必須脂肪酸のオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は、体内で代謝された結果、身体のさまざまな機能を調節する物質の変換され、それぞれ正反対の働くをすることから、摂取バランスが大切だとされています。

ですから、オメガ3脂肪酸ばかりを摂ればいいという話しではないとは思いますが、現代の食生活では、どうしてもオメガ6脂肪酸を多く摂ることになってしまうので、オメガ3脂肪酸を意識して摂るくらいでよいのかもしれません。

■出典:Fertility and Sterility