hemu

  • ボトルサイズ:直径50mm×高さ77mm

art

  • カプセルサイズ:16mm×6mm

hemu_logo

妊娠や妊娠の継続に不可欠なミネラルの一種「鉄」は、約半分の日本人女性に不足していると言われています。当製品は医薬品に使われる非ヘム鉄に比べ、2~3倍の吸収率があり、胃腸に優しいヘム鉄です。

  • 品名/ヘム鉄
  • 内容量/90カプセル(310mg×90=27.9g)※1ヵ月半
  • 推奨量/1日2カプセルを目安に(2回にわけて)
  • 賞味期限/2019年12月
  • 販売価格/4,860円(税込)
ヘム鉄
1本 @4,860円 4,860円 カートに入れる
2本 @4,374円 8,748円 カートに入れる
3本 @4,131円 12,393円 カートに入れる

製品についてのお知らせ

製品特長

【配合】妊娠前、妊娠中の鉄分を補給
日本人女性の二人に一人が鉄の摂取不足とされています。当製品は妊娠前から妊娠中に鉄分を補給するためのサプリメントです。
【原料】原料にはヘム鉄
ヘム鉄は肉や魚などの動物性食品に多く、非ヘム鉄は野菜や穀物に含まれ、吸収率はヘム鉄のほうが高いとされています。
【原料②】胃腸に優しいヘム鉄
ヘム鉄は鉄と有機化合物が結合した有機鉄で鉄がむき出しになっている無機鉄に比べ胃腸に負担にならず体に優しい原料です。
【添加物】添加物は必要とされる最低限量
添加物は、製造上必要とされる最低限量に抑制しています。カプセル内容物全体に占める添加物は重量比で10.0%です。
【被包材】植物性カプセルHPMCを採用
植物繊維でノンカロリー、ゼラチンに比べて含有水分が少なく、湿気によって安定性が損なわれる素材には最適なカプセルです。
【製造】国内のGMP認定工場にて製造
安全性と品質の維持のため、そして、万が一の際に迅速な対応が可能な日本国内のGMP認定工場にて製造しています。
*この製品にはGMP製品マークは付けられていませんが、GMP認定工場(認定番号143-03-02)で製造されました。

規格成分

成分名 数量(原料と配合量)
9mg(ヘム鉄450mg)
  • 上記規格成分は2カプセルあたりの成分含有量です。カッコ内は原料と成分を含むトータルの配合量です。
  • 添加物は、内容物をカプセルにスムースに充填するために、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウムを使用しています。

カプセル内容物に占める添加物の割合は10.0%です。また、カプセルは、植物由来のHPMCを使用しています。

原材料

ヘム鉄、HPMC(植物性被包材)、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム

原材料の原産国・加工国一覧

当製品に関連するページ

お客さまの声

2017.06.21( 代)

YFPいつも盛り沢山で参考になります

いつもありがとうございます。
妊娠べからず集とても分かりやすかったです。
YFPいつも盛り沢山で参考になります。

staff_message02
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
YFPのご感想をお寄せいただき大変嬉しく思います。ありがとうございます。
今後も皆様のお役に立てるよう情報を提供に努めて参ります。これからもご意見やご感想、ご要望などお寄せいただけたら幸いです。(塩澤)

2017.06.14(34 代)

授乳中の今も細々と飲み続けています

ヘム鉄を購入しました。ボトルが可愛いし使い易いので助かります。予定帝王切開の出産にあたり血液検査したところ、貧血の値が良くて主治医に褒められたので、このサプリの効果があったのかなと思い、授乳中の今も細々と飲み続けています。

staff_message02
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
お褒めのお言葉をいただき、大変、嬉しく思います。
みなさまがご健康でお過ごしになられますように。
ありがとうございました。(細川)

2017.06.14(42 代)

フェリチンの数値も上がってきました

おかげさまでフェリチンの数値も上がってきました。感謝しております。

staff_message02
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
フェリチン濃度が上昇しているとのことでなによりです。
今後もご不明な点やご心配なこと等ございましたらお気軽にご相談ください。
ありがとうございました。(細川)

もっと見る

よくある質問

現在、妊娠中ではヘム鉄を購入しているものです。来月中旬、出産を迎えるのですが今までは御社のサプリを飲んでいる為副作用もなく、医者からも鉄不足を指摘されたことがなかったのですが、最近、(妊娠後期)鉄不足を指摘され病院からサプリメントを処方されました。しかし、副作用の胃痛がある為、あまり服用していません。 通常御社のヘム鉄を2錠服用しますがこの時期から出産までは多めに服用しても問題はありませんでしょうか?また、何錠までが許容範囲でしょうか?

妊娠中は月経がないため鉄の排泄量は減りますが、胎児や胎盤が発育するのに伴い血液量が増え血液中のヘモグロビンを作り出すために、たくさんの鉄分が必要となるといわれております。また、授乳期に入っても引き続き積極的に鉄分の補給することが推奨されています。

具体的な1日の目安としては
■ 18歳~29歳の場合
通常時 6.0mg
妊娠初期 +2.5mg
妊娠中期・末期 +15.0mg
授乳期 +2.5mg

■ 30歳~49歳の場合
通常時 6.5mg
妊娠初期 +2.5mg
妊娠中期・末期 +15.0mg
授乳期 +2.5mg
※厚生労働省「日本人の食事摂取基準」 2015年版より

当社のヘム鉄は2カプセルの鉄分配合量は9mgです。よって、明らかな貧血であれば4~6カプセルくらいは増量されてもよいのではないでしょうか。

私は現在授乳中なのですが、授乳中でもこちらのヘム鉄サプリメントを服用しても大丈夫でしょうか? それと他に気になっているのが、ヘム鉄の原産国がドイツという以外にヘム鉄の原材料には何が使われているのか、もし動物由来の原材料ならば抗生物質等の検査はされているのか、ということです。 差し支えなければ教えていただきたいので、お手数ですがよろしくお願いいたします。

授乳中にヘム鉄のサプリメントをお摂りいただいても全く問題ございません。

ヘム鉄の原料は豚の赤血球を使っています。また、残留抗生剤の試験は日本にて、原料、及び、最終製造品にて実施しています。

甲状腺のお薬「チラージン」を服用していますが、鉄剤はチラージンの吸収を阻害すると聞きました。

チラージンと鉄剤を併用される場合は、同時にお摂りになることは避けて、服用される間隔をできるあけてお摂りいただくのが望ましいとされています。

ただ、マルチビタミンミネラルフォーウィメンやヘム鉄で使用している鉄の原料は「ヘム鉄」で、「鉄剤」とは構造が異なるため影響がないとも考えられます。ただ、念のためということで、出来るだけ間隔あけてお摂りいただくのが無難かと思います。

もっと見る