so_logo

SOサポートⅡは専門家と共同で開発した男性用サプリメントで還元型コエンザイムQ10を主成分に配合成分同士の特性を考慮し、性能の劣化予防を施しています。

  • 品名/SO(エスオー)サポートⅡ
  • 内容量/60カプセル(420mg×60=25.2g)※1ヵ月分
  • 推奨量/1日2カプセルを目安に(1回で)
  • 賞味期限/2019年1月
  • 販売価格/8,640円(税込)

SOサポートⅡ
数量

製品についてのお知らせ

製品特長

【根拠】臨床データに裏付けられた性能
不妊治療専門クリニックの男性不妊外来での臨床試験データ論文が泌尿器科専門誌に掲載されています。→論文
【設計】配合成分の特性や相性に配慮した設計
CoQ10は酸や光に弱いため劣化予防のためにビタミンCをコーティングし遮光性能の高いカプセルやボトルを使用しています。
【原料】主成分には還元型CoQ10を使用
主成分のコエンザイムQ10は還元型を、亜麻仁油は低温で圧搾して搾油した原料を、それぞれ使用しています。
【添加物】添加物は必要とされる最低限量に
添加物は、製造上必要とされる最低限量に抑制しています。カプセル内容物全体に占める添加物は重量比で1.85%です。
【被包材】密封性や安定性が高いカプセル
製造の際に加熱や加圧工程がなく、酸素に対する遮断性が高く、内容物の安定性に優れているソフトカプセルを採用しています。
【製造】国内のGMP認定工場にて製造
安全性と品質の維持のため、そして、万が一の際に迅速な対応が可能な日本国内のGMP認定工場にて製造しています。

規格成分

成分名 配合量
コエンザイムQ10(還元型) 150mg(還元型コエンザイム150mg)
亜麻仁油 220mg(亜麻仁油220mg)
成分名 配合量
ビタミンC 80mg(油脂コーティングC100mg)
ビタミンE 40mg(ビタミンE含有植物油60mg)
  • 上記規格成分は2カプセルあたりの有効成分とその原料の配合量です。
  • ソフトカプセルの被膜はゼラチンとグリセリンとイカスミ色素、添加物はミツロウを使用しています。

内容物(皮膜以外)に占める添加物の割合1.85%です。

原材料

亜麻仁油、コエンザイムQ10(還元型)、ゼラチン、グリセリン、ビタミンC、ビタミンE、ミツロウ、イカスミ色素

原材料の原産国・加工国一覧

論文掲載・学会発表

お客さまの声

2017.04.28(34 代)

妊娠することが出来ました

サプリメントを飲み始めて約1年、ようやく妊娠することが出来ました。葉酸は妊娠中に特に必要ということで毎日かかさず飲むようにしています。

staff_message02
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
また、この度はご懐妊おめでとうございます!
私たちもとても嬉しく思います。
お元気なお子さまをご出産されあすように。
ご報告いただきありがとうございました。(細川)

2017.04.28(34 代)

妊娠力のためになり読むのが楽しみです

毎回サプリと同封されてるコラム(YFP)の内容が妊娠力のためになり読むのが楽しみです。これからも主人と飲み続けていきます。

staff_message02
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
YFPをご覧いただいているとのこと、とても嬉しく、かつ、励みになります。
もしよろしければ、ご感想やご要望等もお気軽にお寄せいただければと思います。
ありがとうございました。(細川)

2017.04.24(31 代)

今までで一番よい数値になった

飲みはじめて三ヶ月たちました。今までで一番よい数値になったので、サプリの効果もあるのかと思います。今後も続けていこうと思います。

staff_message02
いつもご利用いただきましてありがとうございます。私どものサプリメントもお役にたて嬉しく思います。良い結果に繋がりますようお祈りいたします。お声をお寄せいただきましてありがとうございます。(塩澤)

もっと見る

よくある質問

SOサポートは女性が飲んでもよいのでしょうか?

SOサポートは、女性にもご利用いただいてよい製品です。
当製品は、当初、男性のご利用を想定し、専門医と共同で開発しました。
還元型CoQ10、ビタミンC、ビタミンE、そして、αリノレン酸を配合しています。
最近、海外で、この組み合わせ、特に、高用量のCoQ10は高度生殖補助医療を受けている女性にとって意味があるという研究報告が、いくつか、なされています。
動物を用いた試験であったり、ヒトを対象とした臨床試験であっても、その規模や試験の質から、現段階で確定的なエビデンスにはなっているわけではありませんが、治療に臨むにあたって、できるだけ体の状態を整えておきたいとお考えであればご利用いただく意味があると思います。

SOサポートの原料が酸化型から還元型に変更されたのはなぜですか?

以前にご説明させていただいておりました通り、これまでは、SOサポートをご利用いただくお客様の年齢層や原料の安定性、そして、コストの点で酸化型を選択するのがベターと考えてまいりました。

とことが、その後、私たちが想定していた年齢層以上のお客様にもご利用いただていることが判明したこと、また、より安定した還元型コエンザイムQが開発されたこと、そして、SOサポートが多くの医療機関や男性不妊外来で採用いただいたことによる増産で1本あたりの製造コストの低減が実現できたことで、価格を据え置いたままで還元型CoQ10への採用と増量を実現することができるようになりました。

これにより、SOサポートⅡは従来のSOサポートにくらべ、性能において大幅に向上いたしました。多くの方々のお役に立てるようになればと願っております。

以上がSOサポートの原料を還元型に変更させていただいた理由です。

SOサポートですが、カラメル色素が入っていますが、何のために入れてあるのでしょうか?カラメル色素にも種類があり、物によってはがんになるおそれのあるものもあります。念のためカラメル色素の何番をお使いか教えてください。

配合成分のコエンザイムQ10や亜麻仁油は紫外線に弱いという性質を有するため、紫外線の害による性能の劣化を防ぐためにカプセルにカラメル色素を添加しています。

また、当社では安全性が証明されている「カラメル1」を指定して使用しております。

カラメル色素は、製法により大きく4種類に分類され、それぞれに1~4まで番号が付いていています。それぞれの製法は以下の通りです。

1)カラメル1は糖類を加熱してつくる昔ながらの方法です。
2)カラメル2は糖類に亜硫酸を加えて加熱してつくります。
3)カラメル3は糖類にアンモニウム化合物(THI)を加えて加熱してつくります。
4)カラメル4は糖類に亜硫酸とアンモニウム化合物(THI)を加えて加熱して製造します。

カラメル1(焼き砂糖)のカラメルは無毒で古来より使われ安全であることが歴史的に証明されています。カラメル1の製法は簡単で、糖を加熱するだけでつくることができます。家庭でも、砂糖水を180℃程度まで加熱するとカラメルをつくることができます。

一方、アンモニア化合物(THI法)により生成されたものは毒性を持つため、FAO/WHOは一日許容摂取量(ADI)を設定しています。このことからも、「化学合成カラメル」の危険性が世界的に周知の事実であることが理解できます。

カラメル2・3・4の化学工業的製造は、澱粉や糖蜜、糖類などの食用炭水化物に化学物質を混合して合成されていますが、カラメル2・3・4において変異原性試験※1で陽性と報告されています。

現在、日本の食品に使用されているカラメル色素は、大半がカラメル3と4の化学合成法です。カラメル2は日本では使用が禁止されています。安全なカラメル1は製造コストが化学薬品製造より高くつくため、ほとんど使用されていません。

※1)遺伝子突然変異やDNA傷害、染色体異常等を引き起こす物理的、化学的、生物学的な因子(変異原)であるか否かを調べる試験のこと。

もっと見る