妊娠を望まれる女性のための基礎サプリメント MVM FOR WOMEN

マルチビタミンミネラルフォーウィメンは大切な時期にお摂りいただくことを考慮し、専門家と共同で開発、設計と製造において安全と品質を最優先しました。

  • 品名/マルチビタミンミネラルフォーウィメン
  • 内容量/270カプセル(510mg×270=137.7g)※1ヵ月分
  • 推奨量/1日9カプセルを目安に(2~3回にわけて)
  • 賞味期限/2019年1月
  • 販売価格/9,800円(税込)
マルチビタミンミネラルフォーウィメン
1本 @9,800円 9,800円 カートに入れる
2本 @8,820円 17,640円 カートに入れる
3本 @8,000円 24,000円 カートに入れる

製品についてのお知らせ

製品特長

【配合】専門家との共同開発品
専門家と共同開発し、配送成分の内容と量を女性のために配合したサプリメントです。
【原料】食べ物に近い天然由来原料を使用
原料にはビタミンミネラル含有酵母を主に使用しています。食べ物に近い形態のため、自然に体内に吸収され、活用されます。
【設計】配合成分の特性や相性に配慮した設計
葉酸とビタミンCが一緒になるとビタミンCが葉酸を分解するため、ビタミンCをコーティングして、葉酸の減少を防ぎました。
【添加物】添加物は必要とされる最低限量に
添加物は、製造上必要とされる最低限量に抑制しています。カプセル内容物全体に占める添加物は重量比で27.9%です。
【被包材】植物性カプセルHPMCを採用
植物繊維でノンカロリー、ゼラチンに比べて含有水分が少なく、湿気によって安定性が損なわれる素材には最適なカプセルです。
【製造】国内のGMP認定工場にて製造
安全性と品質の維持のため、そして、万が一の際に迅速な対応が可能な日本国内のGMP認定工場にて製造しています。

規格成分

成分名 数量(原料と配合量)
ベータカロテン 3,000μg(デュナリエラカロテン 41mg)
ビタミンD 20μg(羊由来 4.5mg)
ビタミンE 80mg(ビタミンE含有植物油 120mg)
ビタミンC 200mg(油脂コーティングC213mg)
ビタミンB1 10mg(酵母 40mg)
ビタミンB2 10mg(酵母 100mg)
ナイアシン 30mg(酵母 125mg)
ビタミンB6 20mg(酵母 100mg)
ビタミンB12 100μg(酵母 20mg)
葉酸 600μg(酵母 67mg)
パントテン酸 5mg(酵母 20mg)
ピオチン 300μg(ビール酵母 30mg)
成分名 数量(原料と配合量)
コリン 10mg(大豆レシチン 40mg)
イノシトール 10mg(米由来 10mg)
カルシウム 270mg(ドロマイト 900mg)
マグネシウム 135mg(ドロマイト 450mg)
セレン 50μg(酵母 25mg)
亜鉛 15mg(酵母 150mg)
クロム 100μg(酵母 50mg)
マンガン 2mg(酵母 40mg)
0.5mg(酵母 10mg)
糖転移ヘスペリジン 41mg(柑橘類由来 41mg)
5mg(ヘム鉄 250mg)
  • 上記規格成分は9カプセルあたりの成分含有量です。カッコ内は原料と成分を含むトータルの配合量です。
  • 葉酸原料は葉酸含有酵母で「モノグルタミン酸型葉酸」を酵母に取り込ませたものです。
  • IU(国際単位)換算:ベータカロチン:3000μg=5000IU、ビタミンD3:20μg=800IU、ビタミンE:80mg=80IU
  • 添加物は、内容物をカプセルにスムースに充填するために、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウムを合計122.7mg(カプセル当たり)使用しています。

◎内容物に占める添加物の割合は27.88%です。

原材料

ドロマイト(カルシウム、マグネシウム含有)、酵母(亜鉛含有)、酵母(ナイアシンアミド含有)、酵母(ビタミンB2含有)、酵母(ビタミンB6含有)、酵母(葉酸含有)、酵母(クロム含有)、酵母(ビタミンB1含有)、酵母(マンガン含有)、酵母(ピオチン含有)、酵母(セレン含有)、酵母(ビタミンB12含有)、酵母(パントテン酸含有)、酵母(銅含有)、結晶セルロース、HPMC(植物性被包材)、ヘム鉄、ビタミンC、ビタミンE、糖転移ヘスペリジン(柑橘類由来)、デュナリエラカロテン、植物レシチン、ステアリン酸カルシウム、イノシトール(米由来)、ビタミンD3(羊毛由来)(原材料の一部にゼラチン、大豆を含む)

原材料の原産国・加工国一覧

当製品に関連するページ

お客さまの声

2017.08.16(33 代)

無事に妊娠することができました!!

こちらのサプリを夫婦で飲み始めて3~4年が経ちます。
環境の良い場所に引越しをしたこと、不妊治療をお休みし、体質改善のために鍼に通い、卵管造影をして両側狭窄との事でFT手術を受けたことで今まで顕微受精までやっても出来なかった赤ちゃんが術後一回目の人工授精で無事に妊娠することができました!!
今は無事に安定期に入り一安心しているところです☆
そして主人の精索静脈瘤の改善のたSOサポートを飲み始め、最近専門外来で受診し再度検査したところ以前より数値が良くなってるのはこのサプリの影響もあるよ!!と先生から言われこの数値の変化も結果に大きく関わってくれました!!
無駄じゃなかったんだ!!
信じて続けてきてよかった!!と思いました☆
しかし精索静脈瘤は良くはなっていないので二人目の為に今度両側の手術をします!!
本当に夫婦で信じて飲んできて良かったです!!
ありがとうございました!!

staff_message02
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
ご懐妊おめでとうございます!安定期に入られたとのことでなによりのことと存じます。
また、多少なりともお役に立てたようでとても嬉しく思います。
このご縁を感謝するばかりです。
お元気なお子さまをご出産されますように。
こちらこそです、ありがとうございました。(細川)

2017.08.16(38 代)

私たちのところに新しい命がやってきてくれました

妊活中からMVMにお世話になり、この度、私達の所に新しい命がやってきてくれました。
安定期に入りましたが、先生からもうしばらく葉酸を取るよう言われたので引き続きMVMを飲むことにしました。

staff_message02
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
ご懐妊おめでとうございます!
葉酸を二分脊椎症の予防目的で補充するのであれば、妊娠3ヶ月までで十分です。先天異常の多くは妊娠直後から妊娠10週以前に発生しており、特に中枢神経系は妊娠7週未満に発生することが知られているからです。
ただし、妊娠中にはお母さんでも、赤ちゃんでも、細胞が活発に分裂する時で、葉酸の必要量が増加します。そのため、妊娠全期間を通じて食事およびサプリメントから積極的に摂取するべきと考えています。
お元気なお子さまをご出産されますように。
ありがとうございました。(細川)

2017.08.04(39 代)

MVMの1日に飲むカプセル数がもう少し少なくなるとよいのですが・・・

いつもお世話になっております。
MVMサプリメントを飲み始め葉酸サプリだけより体調の良さを感じています。
一日に飲む錠数が多く大変なので、もう少し少なくなると良いのですが・・・。
また朝に6錠、夜に3錠と飲んでいますが効果的な飲み方はありますでしょうか。

staff_message02
いつもご利用いただきありがとうございます。
MVMでは1日に9カプセルお摂りいただいている理由は主に2つあります。
まずは、それぞれの成分の配合量が高用量であることです。市販のマルチビタミンミネラルと比較していただければ一目瞭然ですが、MVMでは欠乏を予防する量ではなく、不足を予防する量を目安に配合量を決定しています。
もう1つは、原料に天然由来原料を使用していることです。合成原料であれば有効成分の含有率は、ほぼ、100%ですが、天然由来原料では含有率は多くても25%、低い場合は1%程度です。つまり、成分の配合量の4倍から100倍の原料が必要になるということになります。たとえば、鉄の原料にはヘム鉄を使用していますが、ヘム鉄に含まれる鉄は2%です。よって、鉄を5mg配合するのにヘム鉄が250mg必要になります。このように天然由来原料を使えば、かさばったり、コストが高いというデメリットがあるのでしすが、吸収されやすく、身体に負担がかからない、身体が利用しやすいなど、デメリットを上回るメリットがあると考えています。このことをご理解いただければ嬉しいです。
ただし、できるだけカプセル数を少なくするように検討はしています。
また、飲み方は、可能であれば3回にわけ、朝、昼、夜の食事後に3カプセルずつがベターではあります。ただ、お昼に飲むのが難しければ、今のままでも大きな問題はないかと思います。
また、ご要望やご感想等はお気軽にお寄せいただければ嬉しく思います。
ありがとうございました。(細川)

もっと見る

よくある質問

妊娠希望している者です。サプリを摂取し始めようと考えています。葉酸か、MVMどちらにしようか迷っています。

葉酸か、MVM(マルチビタミンミネラルフォーウィメン)か、いずれを選択するかは、葉酸だけを補充するのか、葉酸も含めた全てのビタミンやミネラルを補充するのかの違いになります。

そもそも、ビタミンやミネラルは自分でつくることができず、食事から食べて摂り入れています。そのため、ビタミンやミネラルを補充する必要があるかどうかは、どんな食べ方をしているかによります。

要するに、概ね、バランスよくお召し上がりになっていらっしゃるのであれば葉酸だけでよいと思いますし、食事だけでは不安がおありでしたらMVMがよいと思います。

ただ、ちゃんとお召し上がりになっていらっしゃっても、保険的にMVMをお摂りになるという選択肢も、もちろん、あるかと思います。

女性用のサプリメントとして、MVM(マルチビタミンミネラルフォーウィメン)とARTサポートのどちらを選択すべきか迷っています。入っている成分が違うということはわかるのですが、使用目的の違いがよくわかりません。

MVM(マルチビタミンミネラルフォーウィメン)は、その名前の通り、妊娠前、妊娠中の女性のためのマルチビタミンミネラルです。健康なお子さんを妊娠、出産するのに絶対に必要な5大栄養素のうち、食事だけでは不足しやすいビタミンミネラルを補うことが目的です。

妊娠を望まれる女性には、まず、葉酸か、このMVMのいずれかをお勧めしています。それは、絶対に必要な(不足すると妊娠、出産が妨げられるおそれのある)栄養素から補うのが正しい順番だと考えているからです。

一方、ARTサポートに配合しているのは、体内でつくられないので食事から摂らなければならないビタミンやミネラルとは違い、食事からも摂っていますが体内でつくられている成分です。ミトコンドリアというところで働いています。ミトコンドリアというのは細胞内で糖質や脂質を酸素で燃やしてエネルギーをつくっているところです。ですから、ARTサポートに配合している成分(L−カルニチン、コエンザイムQ10、α−リポ酸)は、細胞でエネルギーをつくることに関わっているといわれています。そして、その際に発生する細胞にダメージをあたえる活性酸素を消去する役割も担っています。

妊娠、出産は細胞が最も活発に分裂し、増殖する時ですから、それ相応のエネルギーが必要とされますし、新しい命にダメージを与える活性酸素を抑制することも大切です。ところが、これらの成分は年齢とともに体内でつくられる量が減ってくることがわかっています。そして、そのことが老化の一因ではないかと考えられているのです。そのため、ARTサポートは30代後半、40代で妊娠、出産を目指す女性にご利用いただくことを想定してつくった製品です。

このような説明で製品を選ぶ際のお役に立てましたでしょうか。

おかげさまで元気な男の子を出産することが出来ました。妊娠前からずっとMVM(マルチビタミンミネラルフォーウィメン)を飲み続けていたおかげかと思います。そこで、質問なのですが少しでもよいおっぱいを飲ませたいと思うのですが、授乳中もMVMを摂るのがよいのでしょうか?

MVM(マルチビタミンミネラルフォーウィメン)の特長は妊娠、出産に際して最適な設計がなされていることです。成分内容の特長の一つとして、鉄分が配合されていることです。ところが、母乳には人工乳ほどに鉄分が含まれていません。ですから、「よいお乳のために」という目的であれば、MVMではなく、普通のマルチビタミンミネラルで十分かと思います。

ただし、産後も鉄分が不足するケースは少なくありません。もしも、ご自身のための鉄分補給という目的もおありなのであれば、MVMがベターであることは言うまでもありません。

もっと見る