製品

アンチオキシダントフォーメンVer.3

アンチオキシダントフォーメンVer.3 アンチオキシダントフォーメンVer.3のカプセル
  • アルミ袋サイズ:
    120mm×205mm
  • カプセルサイズ:
    19mm×7mm

ベースサプリメント/男性用

男性のためのベースサプリメント

男性のための基礎(ベース)サプリメントです。12種類のビタミン、ミネラルに加えて、L-カルニチン、アスタキサンチン、コエンザイムQ10を配合しました。

品名
アンチオキシダントフォーメンVer.3
内容量
240カプセル(370mg×240=88.8g)※30日分
推奨量
1日8カプセルを目安に(2~3回にわけて)
賞味期限
2024年08月
販売価格
8,640円(税込)
購入する

製品に関するお知らせ

規格成分
(成分配合量:8カプセルあたり)

成分名 配合量 原料(配合量)
ビタミンA 360μg ビタミンA(6.3mg)
ビタミンD 10μg 羊毛由来(1.8mg)
ビタミンE 120mg 大豆由来(179mg)
ビタミンB₁ 10mg ビタミンB₁(10mg)
ビタミンB₂ 10mg ビタミンB₂(10mg)
ビタミンB₆ 10mg ビタミンB₆(12mg)
ビオチン 80μg 酵母(18mg)
葉酸 400μg 葉酸(424μg)
ビタミンB₁₂ 80μg ビタミンB₁₂(88μg)
ビタミンC 300mg 油脂コーティングビタミンC(385mg)
亜鉛 30mg 酵母(300mg)
セレン 100μg 酵母(50mg)
L-カルニチン 120mg L-カルニチン酒石酸塩(178mg)
アスタキサンチン(フリー体換算値) 8mg ヘマトコッカス藻色素(400mg)
コエンザイムQ10 120mg カネカコエンザイム(120mg)
  • カプセル:HPMC(植物由来)
  • 添加物:結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素
  • カプセルあたりの添加物総量:90mg(内容物あたり30.5%)
  • 添加物使用目的:製造過程で内容物をカプセルにスムースに充填するため

原材料

亜鉛含有酵母(アメリカ製造)、L-カルニチン L-酒石酸塩、コエンザイムQ10、セレン含有酵母、ビオチン含有酵母/結晶セルロース、HPMC、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、ヘマトコッカス藻色素、ビタミンE、ビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンB₆、二酸化ケイ素、葉酸、ビタミンA、ビタミンB₁₂、ビタミンD

原材料の原産国・加工国一覧

製品特長

  • 男性のための基礎サプリメント

    お子さんを望まれる男性のためにベーシックな成分をブレンドした基礎サプリメント。

  • 必要最低限量の添加物

    添加物は、製造上必要とされる最低限量に抑制。カプセル内容物全体に占める添加物は重量比で30.2%。

  • 信頼できるメーカーを厳選

    使用原料はコストではなく、安全性と品質を優先して、信頼できるメーカーのものを厳選しています。

  • 植物性カプセルHPMCを採用

    植物繊維でゼラチンに比べて含有水分が少なく、湿気によって安定性が損なわれる素材には最適なカプセル。

  • 成分特性や相性に配慮した設計

    葉酸とビタミンCが一緒になるとビタミンCが葉酸を分解するため、ビタミンCをコーティングし、葉酸の減少を予防。

  • 国内のGMP認定工場にて製造

    安全性と品質の維持のため、そして、万が一の際に迅速な対応が可能な日本国内のGMP認定工場にて製造。

お客さまの声

2022.04.28(34歳)

次こそいい結果がでるといいなと願っています

採卵に向けて夫も勧められたサプリを飲んでいます。毎日8粒。粒が大きくて飲みにくいと言っていますが続けていると日課になり、飲み続けてくれています。次こそいい結果がでるといいなと願っています。

スタッフからのひとこと

いつもご利用いただきありがとうございます。毎日8粒とおっしゃいますとご主人様はAODをお摂りいただいているのですね。男性にとっては8粒はご負担が大きいというご意見をよく頂戴します。そのため、本当に恐縮です。せっかく、お摂りいただくわけですから、意味のある量をお摂りいただきたいという考えと思いから、そのような設計とさせていただいていることをご理解いただければありがたいです。ご投稿ありがとうございました。

個別の栄養素に関するQ&A

AODを使用したら、便が赤くなったのですが大丈夫でしょうか?

AODに配合されている”アスタキサンチン”によるものと思われます。アスタキサンチンはカロテノイドの仲間で、サケやカニ、エビに含まれる赤褐色の天然色素です。そのまま摂取を続けていただいて問題ございません。(2022年3月25日)

ページトップへ